レモンとクロスケ

当時60歳だった父は、その日号泣した。


私がイギリス留学に立つ前の日のこと。
1年なんて短いと思っていたけど、父の涙を見て、
とてつもなく申し訳ない決断をしたような記憶があります。

父はとてもとても愛情深く、言葉は少ないけど、、少ないからこそ、
何を感じているのか、ついつい気になる人。

生き物が大好きで、
子供の頃は、実家に、ウサギ、インコ、犬、そして鯉や熱帯魚を飼っていて、
とりわけ鯉が大好きでした。

80歳のおじいちゃんになった今は、お世話が大変なので、つい最近、
池をキレイに掃除して、数匹の金魚だけを泳がせることにしました。
眺めている姿は愛情そのもの。
私の中の記憶では、いつも父と生き物は仲間で、静かな会話を
楽しんでいるように見えます。

金魚のおかげで、子供たちと父との会話も増え、一緒にエサをやったり
何やら質問したり、池の近くで3人だけで過ごす時間が増えました。

80歳と3歳、5歳が共有できること。
これか~☆という思いで嬉しいです。

ということで、我が家にも仲間をお招きしました。
子供たちが1匹ずつ、お店で選んで、大切に育てることに。

" レモン と クロスケ "

酸素のブクブク音も、耳心地よく、すーっと眠りに入れます 笑

FLOWER HOME- vice+versa flowers

花と子供。 日々の暮らしのお話、始めます。

0コメント

  • 1000 / 1000